YouGlishを使ってリスニングや発音を独学&無料で伸ばす方法

リスニングや発音の弱点を自分一人でお金をかけずに、改善したいと思いませんか?
そんなあなたには世界中の英語学習者も使っているYouGlishというWEBサービスがオススメです。
この記事では便利ツールYouGlishの使い方と、どう勉強に活かせば良いのかについて例を使って解説していきます。
読み終わる頃にはバッチリ活用できるようになっていますよ!

YouGlishの使い方

YouGlishとは

まずはご存知ない方のためにYouGlishとはなにか簡単にご説明します。

不要であれば、次の項目「YouGlishへのアクセス」から読んで頂いて構いません。

 

さて、端的に言うとYouGlishとは

「特定キーワードが出てくるYouTube動画の検索&再生サービスです」

 

例えば「I have a pen」というキーワードで検索したとしましょう。

するとYouTubeの中から誰かが「I have a pen」と言っている動画を見つけてくれます。

更に、その動画を「I have a pen」が出てくる箇所から再生することも出来ます。

しかもスクリプト付きで!

 

とにかく、具体的に見てみましょう!

YouGlishへのアクセス

Googleなどで「YouGlish」と検索すると恐らく一番上に公式ページが出てくると思います。

面倒でしたらこちらのリンクからも飛べますので、まずはアクセスしてみましょう。

すると、こちらのYouGlishのホーム画面を開くことができます。

 

YouGlishのホーム画面

単語やフレーズの調べ方

使い方はいたってシンプルです。

検索窓に調べたい単語やフレーズを入力、必要に応じて探したい動画のアクセントを

「限定なし(All)」「アメリカ(US)」「イギリス(UK)」「オーストラリア(AUS)」から選択したら、

赤い「Say it!」ボタンをクリックするだけです。

 

YouGlishへの入力例

ここでは、試しに「American tv show」と発言がある動画を探してみることにしましょう。

すると、このように結果が表示されます。

 

YouGlish検索結果のキャプチャー画面
(YouGlish検索結果のキャプチャー画面)

この例では「american tv show」を含む21のYouTube動画がピックアップされました。

動画画面の下には字幕が表示され、さらに調べた言葉やフレーズが黄色でハイライトされています

これを確認すれば、リスニングの練習に役立ちますね!

 

また、緑のボタンで動画を次に送ると、次の動画が調べたフレーズが登場する場面から再生されるので、

そのフレーズが会話やスピーチの中でどう使われているのか?どう発音されているのか?

を効率的に次々とチェックしていくことができます。

 

同じ動画で何度も発音を聞き直したければ「5秒巻き戻し」ボタンもあるので、活用してみてください。

Daily Lessons機能

YouGlishのDaily Lessons機能

さらに、YouGlishには学習サポート機能がついています

トップメニューのなかに「 Daily Lessons」という項目があるので、クリックすると、

次のページで二つのコースに無料で登録することができます。

 

YouGlishのDaily Lessons機能
(YouGlishのDaily Lessons機能)

「5分の毎日動画コース」と「毎日1単語コース」があって、どちらもメールかツイッターアカウントを登録すると、

コンテンツが送られてくるようになります。

 

登録する場合はそれぞれのコース説明の下の部分にあるツイッターかメールのアイコンをクリックすれば、アドレス等の入力フォームが表示されます。

 

「毎日」とはありますが、登録する際に頻度を毎日~月1回で選べますので、あんまり頻繁に送られてきてもなぁ。。。

という方は自分の好みで頻度を減らしてみてください。

YouGlishの残念なところ

良いことばかりのYouGlishではありますが、検索の利便性の点ではちょっと残念な部分もありますので、

検索時の注意としてご紹介しておきます。

スペルミスを予測変換してくれない

先ほどの例で、例えば 「american tv shwo」とタイプミスしてしまった場合、

検索結果は以下の通りで「Not result found」となってしまいます。

 

ミススペルを考慮してくれない

もし、自分が調べたいフレーズが出てこなかった場合は、入力したスペルが正しいのか確認したほうが良いでしょう。

 

必ずしも欲しい動画が出てくるわけではない

また 「american tv show」の例でみてみましょう。

下の画像は検索で引っかかったある動画の字幕なのですが、欲しかった
「american tv show」 ではなくて、「American」「TV」「Show」が近くにある文を拾ってしまっています。

 

結果にこのような欲しかったものとは違う結果が多く含まれてしまうと、

確認の効率が落ちるので改善してもらえると良いですね。

 

YouGlishを活用した効果的な勉強法

YouGlishの最大のメリットは同じフレーズを、色々な文脈、発音で何度も聞くことが出来ることでしょう。

この機能を使うことで自分のリスニングや発音の苦手な部分にフォーカスしたトレーニングをすることができます。

リスニングの弱点トレーニング

英語の勉強をするなかで、聞き取りにくいフレーズが見つかったら、そのフレーズをYouGlishで何度も聞いてみましょう。

聞き取れない原因は、その音に馴染みがない、認識出来ていない、ということなので、

YouGlishで繰り返し、違う人の発音で聞き込むことで、音に慣れて聞き取ることが出来るようになっていきます。

 

なお、リスニング力向上については、こちらの記事も参考にしてみて下さい!

留学・海外経験なしで、TOEICのリスニングで満点(495点)取る方法や、

効果的なリスニングトレーニング方法であるディクテーションの方法を解説しています。

関連記事

TOEICのリスニングセクションで高得点を取る勉強方法を探していませんか?TOEICの参考書が多すぎてどれを使えば良いか迷っていませんか?そんな方のために、連続して満点(495点)を取得した私が本当に効果があった勉強方法を~400点まで、~[…]

title
関連記事

Dictation 効果的なディクテーション方法をご存知でしょうか?英語のリスニングを向上させるトレーニングのひとつとして有名な方法ですが、やりかた次第でTOEICのリスニング満点も取れるようになります!本記事では[…]

dictation

 

発音の弱点トレーニング

リスニングが苦手なフレーズは基本的に自分でうまく発音することが出来ません。

なので、動画を参考に発音練習をしてみましょう!

何人ものスピーカーの発音を聞いて、練習することでネイティブの発音を盗み取ってみましょう!

 

発音向上については、こちらの記事も参考にしてみて下さい!

発音学習の重要性や、英語の発音、イントネーション、アクセント、リズムなど「話し方」を鍛える英会話サービスEnglish for Everyoneのレビューなどを書いています。

関連記事

「カタカナ英語ってダメなの?発音を勉強しないとダメなの?」と疑問に思っているあなたへ。 残念ながらカタカナ英語は外国人にほぼ通じません。 この記事では、現在海外で働いている私が実際の経験をもとに、なぜそういえるのかご説明します。[…]

title
関連記事

ネイティブとの毎日トレーニングでスキルとして英語の発音とスピーキング、リスニングを身に付けるという 浜松町発の英語力トレーニング English for Everyone (E4E、イングリッシュフォーエブ[…]

English for Everyone

まとめ

いかがでしたか?

今回はYouGlishの使い方や、リスニングと発音のトレーニングについて解説しました。

無料で使えるツールですが、非常に便利で効果的なのでぜひ、英語勉強に取り入れてみてください。

この記事がお役に立てばうれしいです。