GSET(旧:Englsih for Everyone)を3か月試した効果や感想(旧:浜松町のイングリッシュフォーエブリワン、E4Eの口コミ、レビューです)

 

注記:English for Everyoneは名称がGSET(Global Standard English Training)に変更になっていますが、この記事でご紹介しているEnglish for Everyoneと同じものです!混乱を避けるため、しばらくの間記事内ではGSET:旧English for Everyoneと記載いたします。

 

ネイティブとの毎日トレーニングでスキルとして英語の発音とスピーキング、リスニングを身に付けるという、浜松町発の英語スクールのGSET(旧: English for Everyone (E4E、イングリッシュフォーエブリワン))

オンライン、通いどちらも対応していますが、私はオンラインで受講を開始、そこから3ヵ月で予想以上に英語の発音・リズム・イントネーションの改善効果が得られましたので、少し長めになってしまいましたが、受講を悩んでいる方、まだE4Eを知らない方の為に、感想や効果について口コミ、レビューします。

 

なお、公式ページでは多くの受講生の発音上達具合をBefore Afterの音声で確認でき、

自分が受講した場合の上達をイメージする参考になります。

このレビューを読んで興味が出てきた方はそちらも聞いてみると良いかと思います。

 

GSET(旧:English for Everyone)を3ヵ月使って現れた効果

 

まず端的に、受講により大きな効果を感じています。

 

GSET:旧English for Everyone(E4E、イーフォーイー、イングリッシュフォーエブリワン)の特徴は

音、リズム、英語思考をトレーニングすることで英語をスキルとしてネイティブのように

話せるようになる、というものなのですが、私としては特に

発音と英語のリズム、イントネーションがかなり改善したと感じています。

 

ちなみに受講前の私は、英語はオンライン英会話で練習しているけど、

発音は少し参考書を使って勉強した程度で、本格的に習ったことはない、という状況で

たまに行く海外旅行では発音のせいで思うように伝わらない苦い経験をしていました。

half size please! と言ってるつもりなのに、halfの部分が伝わらない、みたいな。

 

「もっと綺麗な英語を流暢に話したい!」

「もっと伝わる英語を話せるようになりたい!」

 

こんな悩みを解消するために、発音改善をすることを決意しました。

 

 
管理人
VとB、RとL、SとTHの発音分けとか全然ダメでした

 

では、そんな私が受講を開始してどのくらい変わったかというと、

受講し始めて1か月目くらいで「あっ、自分の発音変わってる!」とはっきり分かるようになりました。

言葉で表現するのが難しいのですが、自分の口の中での音の響き方が明らかに変わってきて、

録音した音声からも向上を感じ取れるようになりました。

その後は、さらに向上して、別の英会話スクールの先生やアメリカの同僚にも

「発音がきれいで何の問題もないね!」と言ってもらえるようになりました!

 

また、良く言われることですが自分の発音が向上することで、

リスニング力も上がってきました

自分が発音できる音は聞き取れる、という論理ですね。

発音改善メインで受講しているので、嬉しい副産物です!

 

 
管理人
ジャパニーズアクセントに悩んでいる自分にサヨナラできました!

 

 


もし、あなたが以前の私と同じように

「日本語発音」「流暢さ」に悩んでいたり、リスニング力を改善したい、

と考えているようであれば、GSET:旧English for Everyone(E4E) を検討する価値はあるはずです

 

GSET:旧English for Everyone受講の詳細レビュー

まずは体験レッスン

東京の四谷と浜松町にスタジオがあるのでそこでの対面形式か、Skypeでのレッスンを選べます

私は海外からの受講につき、Skypeレッスンを選びました。

 

本受講時は全員ネイティブの講師でしたが、

私のときは体験レッスンは日本人の方(ホームページに載っている出川さん)に対応して頂きました。

これは恐らく、レッスンと合わせてサービス内容の説明、英語関連の悩み相談を行うためだと思いますが、

日本人による対応だったので、英会話初心者の方でも安心して進めることができると感じました

 

なお、本受講時のネイティブの先生も日本語対応してくれるので、

本受講についても英会話初心者でも問題ないと思います。

 

体験レッスンの内容ですが、まず、何に困っているのか、どんなとこを直したいのか、

といったニーズの確認からはじまって、その後に「音のレッスン」「リズムのレッスン」「英語思考のレッスン」を通常の半分の時間ずつ体験するような形で進められました

 

体験レッスン中につかう教材は本受講時に使用するものと同じものでしたので、

体験レッスンによって、本受講がどんなものか感覚がつかめるようになっています。

 

もし、この体験レッスンを通じて、イングリッシュフォーエブリワンが良いなと思えば、

その場で本受講のスケジュール相談も出来ます。

 

なお、レッスンで使う教材などの一部情報については、

機密情報の取り扱いに配慮のうえ記載できなかった点もあります。

より詳細な情報をみて受講を検討されたい方は体験レッスンを受けてみてください!

体験レッスンは完全無料で、押し売り的なこともありませんので、

 

「肌感覚として自分に合っているのか?」

「期待している内容なのか?」

「どんなメソッドなの?」

 

という点も含めて確かめることをオススメします

なお、無料体験レッスン予約はこちらの公式ページで受け付けています。

 

(追記)

人気のため体験レッスン予約が先まで埋まっていることがあるようです

空きがあれば予約しておくことをオススメします!

 

 

では、続けて本番のレッスンのレビューです。

対面(Skype)レッスン

 

English for Everyone公式サイトより引用
(画像:GSET:旧English for Everyone公式サイトより引用)

GSET:旧English for Everyone(E4E) のトレーニングは

週1回の対面/Skypeレッスンと週6回の日々のトレーニング(宿題)で成り立っていて、

対面/Skypeレッスンでは公式ページにある通り

「発声」「音」「リズム」「英語思考」を50分のレッスン内で学びます。

 

発声のレッスン

「発声」の観点では、英語らしさの基本を作っている声の質を改善していきます。

日本語は、割と口だけで話す言語である一方、英語は喉を使って太く響く声を使う言語です。

この違いを意識して変えていかないと、いつまでたっても

「ネイティブ英語と何か違うなぁ」

というレベルのままです。

レッスンでは、この発声の部分も毎日の練習で改善していくことが出来ます。

公式ページの受講者のBefore-After音声を聞けば、その差がはっきりと分かると思います。

 

音のレッスン

「音」のレッスンでは、教材に載っている単語を音読し、

自分が正しく発音出来ていない単語や文字に対して、講師が正しい発音の仕方を教えてくれる、というレッスンです。

教材に使われている単語はfather、findのような易しい・よく知っているものが多いのですが、

それでもビシビシと指摘が入ります。

 

指摘の内容は例えば、

  私「ワーク(workと言っているつもり)」

  講師「walkに聞こえます。もっとrを意識して」

  私「ワーク」

  講師「まだwalkっぽいです。rは唇をこうして…」

といった感じで、出来るまで何度も矯正してもらえます。

 

自分が出来ていると思っている単語やメチャクチャ簡単な単語なのに指摘が入るとなかなか凹みます…。

ですが、こういう弱点は他人に、ネイティブにみてもらわないと治せない部分なので、ありがたいです!

レッスンの中で、私の弱点は日本人らしく?「R」「L」の発音なんだということを改めて認識しました。

 

リズムのレッスン

「リズム」のレッスンでは、自分の英語のリズム、アクセント、イントネーション等をネイティブ式に矯正してもらいます。

具体的には、教材の英文を読んで、それに対して、講師から

「この言葉はもっと強調する方がよいので、ピッチを上げて下さい。あと、もう少しこの部分は抑え気味で」

といった形で指導が入ります。

 

私はこのレッスンが一番の目的で受講しました。

理由は、この部分は本当に独学だと難しいところだからです

 

受講してみて、今まで自己流・日本流で身に付けたリズムとネイティブのリズムは、大きく違うことにまず驚きましたが

回を重ねるごとに修正され「ネイティブ感」がどんどん増していきました!

ちなみに、今受講したての頃の録音を聞くと恥ずかしく抹消したくなります。。。

わたしは「文章の中で、どの単語を強調して話すか」という事を

普段まったく意識せずに英語を話していたのですが、レッスンを受け始めてから徐々に気を配れるようになりました。

そして、2か月くらい経った頃には、ほとんど間違えずに強調する箇所が分かるようになりました。

 

英語思考のレッスン

「英語思考」のレッスンは、頭の中で日本語を英語に翻訳することなく、

英語が口から出てくるように反射神経を鍛えるようなレッスンです。

 

具体的に言うと、

「駅に慌てたようすの外国人がいるので声をかけて、何を困っているのかを聞いてください」

といったお題を講師が出すので、それにパッと英語で答えるようなレッスンです。

このレッスンを繰り返すことで、日本語を頭の中に思い浮かべて、

それを英訳して、といったステップを踏まずに、英語のフレーズをパッと言えるようになることが狙いです。

 

初めは難しかったのですが回数を重ねていくと成長していき、

数か月もやれば結構スラスラ英語が出てくるようになりました。

 

この英語思考のレッスンにさらに、

音、リズムの練習の効果も合わさると本当に流暢感が出てくるな、と感じました。

 

なお、講師はずっと決まった人ではなく、1か月おき位の間隔で色々な方に見て頂きました。

講師が変わる方が良いか、ずっと同じ人が良いか、という点は好みが分かれるところかと思いますが、

個人的には色々な発音に慣れるという意味で講師が変わるシステムの方がメリットが大きい印象です

 

日々のトレーニング(宿題)

 

English for Everyone公式サイトより引用  日々のトレーニング

(画像:GSET:旧English for Everyone公式サイトより引用  日々のトレーニング)

対面/Skypeレッスンの内容をもとにした宿題が出されるので、

それを毎日やって提出、フィードバックをもらう、次の日に弱点を改善する、

というサイクルを回していきます。

宿題は対面レッスンがあった日以外の毎日(6日間)やることになります。

 

宿題の内容ですが、これも「音」「リズム」「英語思考」の3つの観点で出題されます。

「音」は課題の単語をとにかく音読。毎日音を録音したものをメールで講師に送り、フィードバックをもらいます。

「リズム」は同じく、課題の文章を音読、録音してメールで講師に送って、フィードバックをもらいます。

「英語思考」は対面/スカイプレッスンと同じように、お題に英語でレスポンスする練習です。

 

なお、体験レッスンの時に説明して頂いたのですが、この宿題に取り組む部分が一番重要なところで、

いかに宿題をまじめやるか」で受講の効果が全く変わってきます

 

わたしは結構、サボり癖というか三日坊主的なところがあるので、

スマホのアラームを毎日決まった時間にセットして、

その時間になると最優先で宿題に取り組むようにしていました。

 

始めのうちは慣れていないので、

なかなかうまく出来なくてイライラしたり、めげそうになりましたが、

それでも続けることで2カ月もすれば、だいぶスラスラと発音出来るようになっていきました。

 

「宿題毎日って結構大変じゃない?」

「どのくらい時間がかかるの?」

と思われるかも知れませんので、ご参考までに触れておきますが、

宿題にどれだけの時間がかかるかは完全に人それぞれです。

 

私は完璧主義的なところがあって、

はじめのうちは1日あたり1時間以上を費やしてやっていましたが、

さっと終わらせてしまえば、15分もかからない量です。

 

なので、超多忙の人でも時間を決めてきっちりやれば、まったく問題なく取り組める量ですし、

毎日継続してこそ効果が得られるので、たとえ忙しくてもそこは頑張りどころですね。

 

 
管理人

毎日宿題を提出する必要があるので、

サボりたい日も頑張って学習を継続することができます。

次のレッスンで先生に申し訳ない/恥ずかしい、

その思いは自分を後押ししてくれますよね。

このモチベーション管理もGSETの良いところだと思います!

 

GSET:旧 English for Everyoneの効果まとめ

 

効果について
効果について

 

冒頭の結論でもお伝えした通り、私個人としては特に

発音とリズム、イントネーションがかなり改善したと感じています。

 

本当に自分で分かるレベルでの発音やリズムの変化が数か月以内に起こりました

これは毎日毎日、発音とリズムに特化したトレーニングを継続した成果だと思います。

 

英語思考については、別のトレーニングを並行してやっていたので効果を切り離すのは難しいのですが、

正しい表現での英語がスラスラ出てくるようになっています。

 

特に、GSET:旧 English for Everyone(E4E)ではありもののフレーズを覚えるのではなく、

自分が考えたフレーズをネイティブに修正してもらったフレーズを自分の中に蓄積できる

のでその点は、非常に良いと思います。

 

リスニング力向上についても公式ページでも触れられていますが、確かに効果がありました。

私の場合は仕事でよく英語で電話会議をしたりするのですが、

リスニングは受講前と比べて随分楽になっています

 

他の英会話とGSET:旧 English for Everyoneの比較

 

English for Everyoneとオンライン英会話の比較
English for Everyoneとオンライン英会話の比較

最後に、一般的な英会話、特にオンライン英会話との比較からGSET:旧 English for Everyoneの特徴をまとめてみます。

まず、GSET特徴は毎日ネイティブとのトレーニングができるところ。

そして何より「発音(発声&音」「リズム」「英語思考」に特化している点です。

 

一方で、通常の英会話は「会話」にフォーカスしているので、多少発音がおかしくても、

ネイティブ的なイントネーションでなくても、指摘されることは少ないです。

また、英会話講師は日本人発音に慣れているので、多少おかしな発音だったとしても通じてしまい、

結果として自分の発音を向上させる必要性も感じられなくなってしまいます。

 

私はこれまで、対面での英会話2社、オンライン英会話5社での経験がありますが、

GSETのように「発音(発声&音」「リズム」 を毎日徹底的に指摘してくれるところはありませんでした

ですので、この点がイングリッシュフォーエブリワンの最大の特徴ですね!

 

最後に料金について触れておきます。

月52,000円(税抜)と格安オンライン英会話と比べるとやや高いですが、

オンライン英会話もネイティブ講師を指定して、毎日、となると料金はかなりいきますので、

サービス内容を踏まえると特に高い印象はありません。

 

実際、Forbes JAPANのインタビューで代表の是枝秀治さんが

「市場にある英会話スクールの1/5の価格を実現した」と語られています。

また、教材費や登録料は現時点では不要のようです。詳細は公式サイトでご確認下さい。

 

 
管理人
私が始めた頃は教材費がかかったのに。。。

 

公式ページによれば、半年やれば劇的に改善するといわれていますので、

個人的には半年(もしくはもっと短期で)集中してガッとやって、サクッと発音を身に付けて卒業、

というのも選択肢としてはアリかなと思います!

 

まとめ

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

今回はGSET:旧English for Everyone(E4E、イングリッシュフォーエブリワン)を

3か月経験してみての感想、口コミレビューをまとめてみました。

 

個人的には今まで経験してきた英会話とはまったく別もので、

話し方に特化しているという点から「英会話」というカテゴリーには収まらないサービスかな、と思います。

 

これまでに、NewsPicks、プレジデント、Newsweek、日経ビジネス、Forbes JAPANといった

多くの雑誌や媒体で取り上げられている実績もあり、何より私自身はとても満足ですが、万人に合うのかは分かりません。

 

なので、興味があれば、無料体験レッスンで自分に合うのか確かめてみて下さい。

体験レッスンを通じてメソッドを知るだけでも、何かしら得るもの・気付きがあると思います。

あと、何回か触れましたが公式ページの受講者のBefore/After音声は聞いてみると効果のイメージが一層沸くと思います。

公式ページはこちらから

 

 

あと、アクセス情報を載せておきますね。通学をご検討の方はご参考まで!

アクセス情報

NATIVENESS™四ツ谷スタジオ

〒102-0083
東京都千代田区麹町5-5-2ベルヴュー麹町2階
JR、都営丸の内線、都営南北線四ツ谷駅より徒歩4分
都営有楽町線麹町駅より徒歩5分
TEL 03-6435-6975

NATIVENESS™浜松町スタジオ

〒105-0013 
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町ビル7階
JR浜松町駅より徒歩4分
都営大江戸線、都営浅草線大門駅より徒歩1分
TEL 03-6435-6975

英語はスキルで話せる【English for Everyone】

 

<運営会社情報>

株式会社GSET(旧社名:English for Everyone)
2018年2月設立
代表取締役社長:是枝秀治