1000時間ヒアリングマラソン

TOEICリスニング対策に1000時間ヒアリングマラソンを試した話

1000時間ヒアリングマラソンにレビュー
1000時間ヒアリングマラソンにレビュー

私は数年前にTOEICのリスニング対策としてアルクの1000時間ヒアリングマラソンを使いました。結果、これだけの効果ではありませんが、リスニング満点(495点)を連続で取れるくらいまで向上しました。この記事では、

「ヒアリングマラソンを検討しているけど効果ある?」

と迷っている方に体験談とどのように使っていたかをお伝えしようと思います。

簡単に結論をお伝えすると、めちゃくちゃ効果ありました。先ほどリスニング満点と書きましたが、正確に言うとTOEICのリスニングパートのスコアを400点前後から495点まで一気に伸ばすことが出来ました

ただ、同じ時期に平行してリスニング強化としてやっていた勉強もあるので、それも合わせて簡単にご説明しようと思います。

始めにヒアリングマラソンを良く知らない方のため、簡単にご説明をしますが不要な方は以下の目次から「ヒアリングマラソンを始めた頃の状況」まで飛ばして頂いて構いません。

アルクの1000時間ヒアリングマラソンとは

英会話教材で有名なアルク(ALC)の看板商品と言っても差し支えない英語通信講座です。

毎月届く教材を使って、1年間でヒアリングに1000時間費やす!というハードなトレーニングです。

この講座、実は35年以上の歴史があり、2012年時点でシリーズのべ120万人以上が受講しているアルク人気No.1の教材で、過去にイード・アワード英語教材顧客満足度の最優秀賞を取っている実績もあります。

講座名はヒアリングマラソンですが、内容としてはヒアリングマラソンのオリジナルテキストと副教材としてアルクの英語学習月間誌English Journalのセット教材になっています。

年間で1000時間リスニングに費やすのは相当ですが、だからこそ乗り越えたときに大きなリスニング力向上が期待できるというわけです。

公式ページによると対象レベルは英語中級~となっていますが、テキストの中でもコーナーによってレベルわけがされているので、初級レベルからでも入っていける教材かな、と私は思いました。

さらに詳しい情報が見たい方は公式ページを見てみて下さい!

公式ページへ

ヒアリングマラソンを始めた頃の状況

冒頭でも書きましたが、始めたころのリスニングはTOEICのスコアでリスニングパート400点くらいというレベルでした。

また、仕事でたまーに、月に1回程度、アメリカ人と電話会議をすることがあったのですが、それは全くと言って良いほど聞き取れていませんでした。

「TOEICのスコアを上げたい、ネイティブと電話会議出来るレベルになりたい」

という想いから、色々と教材を探すなかで出会ったのがアルクの1000時間ヒアリングマラソンでした。

口コミなどをもとに「実績がありそう」と思ったことと、何よりも1000時間耐久」という点が徹底的に鍛える感を醸し出していて、気に入りました。

私が1年で1000時間を確保した方法

mountain of 1000 hours
1000時間の山

学習方法の詳細は教材中や公式ページで細かく説明されているので、ここでは私がどうやって1000時間の勉強時間を確保したか?という点をご紹介します。

「忙しいし英語に1000時間はかけられないよ…」

と思っている方、私もそう思っていました!! ですが、意外と何とかなるものですよ。

ランニング中にヒアリング

ランニング&ヒアリング
ランニング&ヒアリング

私は毎週土日にだいたい1時間ずつランニングをしています…いや、していました。で、この時間は全てヒアリングマラソンの教材を聞きながら走ることにしていました。文字通りヒアリングマラ…。

単純計算すると2時間×48週間で96時間確保できます。これで約10%です。

意外に行けそうですよね??

通勤時間にヒアリング

通勤&ヒアリング
通勤&ヒアリング

良く言われますが通勤時間や通学時間はまさに良い勉強時間になります。特にリスニングは机に向かって勉強する必要性は無いですから、このような移動中での勉強との相性は抜群です!

当時、通勤で往復1時間半くらいかかっていましたので

単純計算すると1.5時間×週5回×48週間で360時間確保できます。これで36%、ランニングと合わせて46%になりました。

映画やドラマを使ってヒアリング

娯楽&ヒアリング
娯楽&ヒアリング

ヒアリングマラソンでは教材以外の勉強時間もカウントできます。(公式ルール!)なので、例えば洋画を見ている時間、英語のYouTubeチャンネルを見ている時間、こんな時間もカウントできます。

後でも書きますが、私は当時アメリカのドラマFriendsを教材に使いつつ、普通にはまっていて、シーズン1から10まで全部見ました。

Friendsは全部で236話あって、1話がだいたい20分程度、

単純計算すると236話×20分÷60分で約80時間。1000時間の8%、他と合わせて54%になりました。

娯楽は他にも洋楽を聞く、とか色々やっていたので(私はジャミロクワイが好きで良く聞いていました)もっと時間はかけていました。

その他の移動時間もヒアリング

これは計算が難しいのですが、ちょっと遊びに行くときや、旅行に行くとき、買い物に行くとき等、とにかく移動時間は英語を聞くようにしていました。

どうでしょう、少なめに見積もって週に2時間とするとランニングと同じく100時間程度、1000時間の10%ですね。

これで64%です。

家でがっつりヒアリング

がっつり勉強&ヒアリング
がっつり勉強&ヒアリング

ここまでで1000時間まで残り36%、360時間です。長いようにみえますが、1年間は365日ですよね??

つまり、一日1時間も勉強せずに1000時間に到達できてしまうわけです。

小まとめ

これはあくまでも私のライフスタイルに合わせた例ですが

「1000時間と聞くと多そうに見えて、細分化すると案外行けるなー」

と思って頂けるかと思います。基本的にながら勉強をうまく活用することがポイントですね!

ヒアリングマラソンの良かった点

良かった!
良かった!

良かった点は、まず何より数字的な効果です。説明した通り、私はTOEICのリスニングパートはフルスコア495点を続けて取れるくらいに成長できたので!満足じゃないはずはありません。

他の良かった点は、1000時間という目標があるのでモチベーションの維持がしやすかったところですね。受講中、学習記録を付けるのですがリスニング時間がどんどん貯まるのを見てニヤニヤしていました(笑)

あと、巻末に毎月プチテストが付いていて、満点を取ると紙面で紹介されるのでそれも励みになりました。私も後半は何度か紙面に名前が載りました! !

内容面では、毎月色々なニュース、インタビュー、物語の朗読、ネイティブ同士の会話、など色々な生の英語に触れることが出来るので、TOEIC教材の「ザ・ナレーション英語」みたいなものだけに偏ることなく勉強出来る点が良かったです。

また、続きもののコーナー(ドラマや物語など)もあって、毎回ストーリーが気になってつい勉強に取り掛かってしまう仕掛けも満載です。

私が受講していた当時は不思議の国のアリスやピーターラビット等、有名な話も取り扱われていて楽しかったですよ!

 

ヒアリングマラソンの悪かった点

悪かったとこ?
悪かったとこ?

記事の項目として作ったものの、取り上げるほどの悪い点はなかったですね。強いて言えば、副教材のEnglish Journalのレベル高!って思ったくらいでしょうか。

先ほど書いたように、私は隙間時間での勉強、ながら勉強を中心に勉強していました。この際、意味の分からない、聞き取れない英語をひたすら聞いても聞こえるようにはなりません。

私はまず、一度教材を聞いてから聞き取れなかったところはスクリプトで確認して、それから聞き取れなかったところを「ながら勉強」で聞き込んで慣れる方法を取っていたので、レベルがあまりに高いと「ながら勉強」に進めるまで時間がかかり、大変でした。

ハリウッドスターのインタビュー聞きこなすのはまあ、大変ですよね!?

ただ、冒頭でも触れましたが、教材内には色々なレベルのパートがあるので、自分のレベルに合った部分を中心に勉強すれば、ついていけない、なんてことはありませんでした

また、私は試していませんが、基本の1000時間ヒアリングマラソンのほかにも、レベルや目的に応じた沢山のコースがあるので、興味のある&レベルにあっているもので試すのも良いかもしれません。

詳細は公式ページで確認できます。(公式ページへ

ヒアリングマラソンと同時にやったこと

英語勉強は色々やっていたのですが、リスニングという観点では、先ほど触れたドラマFriendsを全話観たこと。あとはTOEICの公式問題集は当時発行されているものは全部やりました。

Friendsは本当に良かったです!!

話が本当に面白くて、続きが気になって気になって、毎晩遅くまでテレビにかじりついて一気に見てしまいました。エンタメ大国アメリカで10シーズンも続いたドラマです、面白さは保証済み。楽しみながらリスニングを鍛えられるなんて素晴らしいですよね。

TOEICの問題集は純粋な英語力の向上というより、頻出単語やフレーズ、試験形式に対応するためにやりました。こういった観点での勉強が高得点を取るうえで求められるので、ここは公式問題集をやるのが一番です!

公式問題集のナレーターは本番と一緒ですし、慣れれば慣れるほど本番は楽になります。

ただ、注意としてTOEICは年を追うごとに徐々に難しくなっている傾向にあります。なので、あまり古い公式問題集をやっても、今受験した場合のレベルと比較するとかなり簡単なので、古いものは単語、フレーズを覚えるため、くらいのイメージで使ったほうが良いと思います。

まとめ

以上、今回はアルクの1000時間ヒアリングマラソンを使ってみた話でした。やはり過去35年にわたる実績がある分、効果は素晴らしいですよ。

また、私のFriendsのように他の教材を併用しながらでも続けられるプログラムなので、

「迷っているけど、今他の勉強をしているからなぁ…」

という方でも無理なく取り組めると思いますし、何より1000時間という高い目標に向けて取り組むキッカケになるので、TOEICのリスニングスコアアップに限らず、

「本気でリスニング力を向上させたい!」

「徹底的に鍛えられる教材を探している」

と思っている方にはおススメの教材です!

公式ページはこちらから