ネイティブ感が出る英語発音のコツ:アスピレーション(Aspiration)

すぐに英語で話す必要があるから発音のコツが知りたい。

英語をずっと練習しているのに、なかなかネイティブのように発音が出来ない

 

そんな方にピッタリな、

アスピレーション(Aspiration)

という発音のコツがあります!

 

言われてみると、確かにネイティブスピーカーってこれやっているな!

と気付くけど、自分だけでは中々気付かない。

気付いていても自分で発音するときに実践する人は少ない。

だけど、実践してみるとあなたの発音の印象がガラっと変わる!

 

そんなアスピレーションを今回はご紹介します!

この記事を読み終えれば、一つネイティブに近づくこと間違いなし!

 

管理人
今回はいくつかの発音矯正スクールで習った
アスピレーションをご紹介。
初めて知ったときは衝撃を受けました!

 

アスピレーションとは空気の放出!

アスピレーションって何なのか?

答えは、アクセントが置かれるP、T、K、から始まるsyllable

発音するとき、P、T、Kが空気交じりに発音されることです

 

Cambridge Dictionary でAspirationという単語を調べると

the noise that is made when air escapes after a plosive consonant sound:

と出てきます。

つまり、P、T、Kのような破裂させて音を出す子音を発するときのノイズ

ということですね。

 

と言われても分からない?

こちらの動画の7分18秒~ 7分40分を見てみてください。

(出典:Accent's Way English with Hadar)

 

感覚がつかめたでしょうか?

動画内でpayとtakeを2回発音していますが、

2回目のpayとtakeは始め空気交じりに発音されていることに

気付かれたかと思います。これがアスピレーションなんです!

 

では動画内で触れられていないことも含め、以下で解説いたします。

 

アスピレーションの解説

 

さて、アスピレーションですが

アクセントが置かれたP、T、Kで始まるsyllable(音節)を

発音するときの空気の放出と説明しました。

 

どうやって発音すれば良いのか、。

Paper、acquire、Ten、これら3つの単語を具体例に

説明していきます!

 

その1:Paper

まずpaper [ˈpeɪ.pər] です。

太字で示した部分がアスピレーション、空気交じりに発音されます。

まず、paperは二つのsyllable(音節)から構成されますが、

ストレスは始めのsyllable、paに置かれます(`がついているsyllable)ので、

頭のpだけアスピレーションで、二つ目のpはアスピレーションなしで発音されます。

 

発音の仕方ですが、p-paper、という感じで単語を発音するとき、

頭にささやき声でpを付けるイメージです。(太字がささやき声)

 

空気交じりに発音するのは子音(p)だけです!
次のaまでささやき声にならないようにしましょう!

 

その2:acquire

続いて、acquire [əˈkwaɪər] です。

今度はストレスが二つ目のsyllableにありますね。

そして、そのsyllableはkの音で始まっています。

(スペル上、cの文字ですが、発音記号を見るとkの音ですね)

 

この場合は、始めのaは普通に発音して、qの前にささやき声のkを入れて発音します。

acquire ではなく、a k- quire というイメージ。

 

アスピレーションが起きるのはストレスがあるsyllable
多少大げさにアスピレーションをやってみると丁度良くストレスも表現できます!

 

その3:ten

最後にten [ten] です。

この単語は一つのsyllable(音節)しかないので、

アクセントが置かれるのは単語全体、そしてtから始まるため

始めのtがアスピレーション、空気交じりにt-tenと発音されます。

 

なんとなく感覚がつかめてきましたか?

 

アスピレーションの練習方法

 

何となく理屈が理解できても、それだけでは発音出来るようにはなりません。

でも安心して下さい!

アスピレーションを練習するのに有名な方法があるんです!

 

その方法、こちらの動画(3分36秒~)でも触れていますが、

発音するときに口の前に紙をもってきて、

それが動くように、発音する、という練習方法です。

(出典:Geoff Lindsey • english speech services)

 

紙が動くということは、空気が放出されているということ、

つまりアスピレーションしているということです!

視覚的に出来ているか確かめられるのでオススメの練習方法です。

 

管理人
もしちょうど良い紙が無ければ、
手のひらを口の前に持ってきて発音してみましょう。
風を感じることが出来れば、アスピレーション出来てます!

 

まとめ

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

記事のまとめです。

ネイティブ発音のコツ、アスピレーションとは

 

アクセントが置かれたP、T、Kで始まるsyllable(音節)を
空気を放出させてから発音すること

 

ぜひ、ご紹介した方法も使って練習してみて下さい!

 

ただ、自分で練習しただけではちゃんと出来ているか不安だったり、

もっとしっかり発音を身に付けたいと思っている方もいますよね。

 

そんな方には、English for Everyoneという発音矯正に特化した

英会話スクールがオススメ!(通い&オンライン対応可)

この記事でご紹介したような発音のコツをたくさん学べます。

私も使いましたが、数か月で発音が劇的に変わりました!

 

私が実際に3カ月通った体験記事も読んでみて下さい!

関連記事

  注記:English for Everyoneは名称がGSET(Global Standard English Training)に変更になっていますが、この記事でご紹介しているEnglish f[…]



 

また、ブリティッシュアクセントを学びたい方はこちらの記事もオススメです!

関連記事

きれいなイギリス英語を話したい!とブリティッシュアクセントを勉強しようとしている方へ。同じ思いでイギリス発音を学習してきた私が、効果的な学習ステップ、今まで効果があった練習方法や、使った教材&スクールを無料~有料までご紹介します!発音を学べ[…]

title