title

カタカナ英語は通じない!実体験をもとに理由と発音の学習方法を紹介

「カタカナ英語ってダメなの?発音を勉強しないとダメなの?」と疑問に思っているあなたへ。

残念ながらカタカナ英語は外国人にほぼ通じません

この記事では、現在海外で働いている私が実際の経験をもとに、なぜそういえるのかご説明します。

さらに、じゃあどうすればいいの?という疑問にも答えていきます。

この記事を読み終えれば、発音学習の必要性と学習方法が分かるようになりますよ!

 

カタカナ英語は通じない

冒頭でお伝えしました通り、カタカナ英語(ジャパニーズアクセントとも言います)はあまり通じません。

日本語に慣れている、日本人に慣れている、頭が良くて空気がメチャクチャ読める、

そんな外国人には通用こともありますが、当然世の中そんな外国人は少数派ですよね。

外国人からみたカタカナ英語

How can I understand Japanese-accented English?

これは海外のYahoo知恵袋的サイトに実際に投稿されている質問です。

その他にも「Japanese English accent difficult understand」のようなワードで調べると似た質問が色々見つかります。

つまり「日本人の英語って何言ってるか分からん!!」って思っている人がいっぱいいるんです!

中には「sankyuu」って言われて何言ってるか分からなかったけど、よく考えたら「Thank you」だった。

というコメントもありました。。。「Thank you」すら通じてないって悲しく無いですか??

私のカタカナ英語にまつわる体験談

この「Thank you」については、私も経験があります。

偶然飲み屋で会った外国人と世間話をしていた時の事、

ところで、なんで日本人のThank youってあんなに変なの?ちょっと言ってみてよ」と言われました。

渾身の「Thank you」を投げ返したのですが、「ははは、ウケる!」というリアクションでした。。。

 

別な場面でも、Rが上手く発音出来ていないせいで、

「そのサングラスSportyだね!」と言ったつもりが「Spotty」と聞き間違えられて

「あれ、サングラスに水滴付いてる?」と聞き返されてしまったり、

「このドリンク、Freeなんだって」と言ったつもりが「Flee」と聞き間違えられて

「・・・・???、ああFreeね!」といったリアクションを返されたり。。。

 

例を挙げだすとキリがないのですが、とにかくジャパニーズアクセントは通じません!

あなたも似た経験があるかも知れませんし、無くても今後経験するかもしれませんね。

では、なぜカタカナ英語(ジャパニーズアクセントの英語)は通じないのでしょうか???

カタカナ英語が通じない理由

why Japanese accent is bad?

 

ご紹介したような、悔しく・悲しい思いを何度もした私は発音にについて、色々な本を読み、スクールで勉強しました。

その結果、理由は大きく分けて以下の3つであると分かりました。

 

1.「カタカナ英語の音」は「英語の音」ではない

残念ながら日本語と英語は言語的には大きくかけ離れたもので、英語には日本語にはない音が沢山あります。

良く聞く例だと、英語の「L」と「R」の違いは日本語にはありませんし、

同じように英語の「V」と「B」、「S」「TH」「SH」なども日本語だと同じような音になってしまいます。

そしてこれらの音を日本人が発音するとき、日本語の似た音に無理やり当てはめて発音しているんです。

例えば「L」と「R」はどちらもLよりのラ行の音になってしまいます。

これは、逆にイングリッシュスピーカーからすると、知らない音/予期出来ない音なので理解できません。

私の例もそうですね。「R」がしっかり発音出来ていませんでした。

 

2.日本語と英語のリズム・アクセントは全く違う

日本語は一文字一文字を同じ時間を使って発音する「syllable-timed language」と呼ばれる言語です。

「私は駅に行った」は「わ・た・し・は・え・き・に・い・っ・た」というように

強調点なくフラットに、それぞれの言葉が同じ時間をかけて読まれます。

 

一方の英語は重要な点・強調点を長く発音する「stress-timed language」と呼ばれる言語です。

「I went to the station」は「I ・went ・to the・ s-t-a-t-i-o-n」といった感じで

重要な単語は強く・長く・ピッチを上げて発音することで強調されます。

これを日本語的に「アイ・ウェント・トゥ・ザ・ステーション」と読んでしまうと

アクセントやリズムを頼りに文章を理解しているイングリッシュスピーカーには物凄く聞き取りにくくなってしまいます。

 

3.日本語と英語のイントネーションは全く違う

日本語はイントネーションがあまり強くない言語ですが、英語は逆にイントネーションで文章の意味を伝えます。

例えば、Yes/Noで答えられる質問は語尾を上げる↗、5W1Hの質問は語尾を下げる↘などルールがあります。

これを意識せず、日本語と同じようにフラットに英語を話してしまうと伝わりにくくなってしまいます

私は質問しているつもりなのに相手が質問文だと思ってくれていなかったことが何度もありました。

 

カタカナ英語を改善する方法

ご紹介したように私はこれまで発音で苦い思いをして、その結果色々と発音の勉強をしてきました。

ここでは、本当に良いと思える対策方法についてご紹介します。

オススメの無料で出来る発音矯正トレーニング

Rachel’s English

私は発音についてオススメの勉強方法がないか聞かれると、まずこのYouTubeチャンネルをオススメしています。

理由は、基本的に無料であること膨大なレッスン動画があること

そして何よりも発音トレーニングの経験豊富なネイティブが教えてくれるからです。

今まで購入した発音関連書籍の有料にも関わらず、大半はこのYouTubeチャンネル以下のクオリティでした。

ただし、全ての解説は英語なので「英語まったく分かりません!」という人には厳しいと思います。

ですが、動画視聴はリスニング練習にもなりますし、簡単な解説なのでまずはトライしてみても良いと思います。

 

英語の会 発音記号3時間マスター

図と動画&日本語の解説で発音を勉強することが出来ます。

動画はBBC Learning Englishのものを使用しており、ネイティブが発音する様子を動画で学ぶことができます。

ボリュームとしてはRachel’s Englishには劣るものの、日本語での解説なので入りやすいかと思います

Rachel’s Englishはちょっとレベルが高そう、という方はまずここで勉強してみても良いのではないでしょうか。

 

オススメの発音関連参考書

先にも書きましたが、中途半端な参考書を買うくらいであれば無料のRachel’s Englishの方がよほどレベルが高いです。

とはいえ、まとまった情報で勉強したい、カリキュラムに沿って勉強したい、という方にはこの本をオススメします。

 

 English Pronunciation IN USE/Cambridge

世界中の英語学習者のバイブル的参考書「English Grammar  IN USE」シリーズの英語発音参考書です。

一つ一つの音や単語の発声法だけではなく、リズム、イントネーションなども勉強できるようになっており、

総合的にネイティブのアクセントを身に付けられる教材です。

「Elementary」「Intermediate」「Advanced」の3つのレベルがありますが、

今までちゃんと発音やアクセントを勉強したことが無いなら、圧倒的に「Elementary」からをオススメします。

素晴らしい参考書なのですが、テキストはオール英語(日本語解説なし)なので、

英語まったく分かりません!という方は、別の参考書を使った方が効率的かと思います。

 

闘耳/ダイヤモンド社

こちらの本は日本語の解説で基本的な発音を勉強、練習したい方にオススメの本です。

一つ一つの発音記号に対して、下の位置や動きを図と日本語で分かりやすく解説しています。

本中で紹介されているトレーニング(15分程度)を毎日継続すると 、発音が改善されていきますよ!

私はリスニングのために一時、集中して使っていました。

なお、この本のシリーズで「単語耳」という発音を切り口にした単語帳も出ているので、そちらもオススメします。

オススメの発音スクール・サービス

ここまでご紹介した独学用の勉強方法では基本無料で発音改善はしていけるのですが、

手間と時間がかかりますし、せっかく練習したのにネイティブや外国人が聞くと正しく発音出来ていない事もあり得えます。

確実かつ効率的・効果的に発音矯正をしたい場合は、発音に特化したスクールを活用するのが良いと思います。

 

イングリッシュフォーエブリワン(English For  Everyone:E4E)

いくつかEnglish for Everyoneという名前の英会話学校があるようなのですが、浜松町の方のスクールです。

特徴的な点は、他の英会話スクールのように、色々あるカリキュラムの一つとしての発音レッスンではなく

発音矯正・アクセント習得に特化した英会話スクールである、という点です。

 

講師は全員ネイティブですが、日本語対応もしてくれるので初心者でも安心して受講できます。

レッスンはオンラインか通学になりますが、私はオンラインで受講しました。

私は3カ月トレーニングくらいで、本当に劇的に発音が改善しました!

 

私は過去にいくつかの英会話学校の発音関連レッスンを受けてきたのですが、

発音矯正ならダントツでここをオススメします!

公式サイトでは受講生のBefore/After音声(驚きますよ!)を聞けたり、

無料体験レッスンも申し込めるので見てみてください。

公式サイト

 

また、私もこちらの記事でレビューもしているので、良ければ読んでみて下さい。

関連記事

ネイティブとの毎日トレーニングでスキルとして英語の発音とスピーキング、リスニングを身に付けるという 浜松町発の英語力トレーニング English for Everyone (E4E、イングリッシュフォーエブ[…]

English for Everyone

 

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では

・カタカナ英語は通用しないので発音勉強した方が良い理由

・発音勉強にオススメの勉強法や本、スクール

をご紹介しました。あなたのご参考になれば嬉しいです。