【シャドーイング】4年継続中のライターがトレーニング方法を解説!

英語力を総合的に鍛えられるシャドーイングという練習方法をご存知でしょうか?

イギリス人の先生にこの方法を習ってから、もう4年もこの練習方法を実践しているのですが

リスニング、発音、スピーキング能力が鍛えられ、英語力がバランス良く向上するオススメの方法です!

この記事ではシャドーイングの方法と効果を得るためのポイントをご紹介します!

 

シャドーイングは毎日継続すれば、もの凄く効果がありますよ!

 

シャドーイングとは

スクリプトを見ずに英語の音源を聞きながら

少し遅れて後をついて復唱する英語のトレーニング方法です。

もともとは同時通訳者の訓練方法であったものですが、

最近では一般の英語学習者の訓練方法としても有名で、

色々な教材・サービスで取り入れられています。

 

やり方はシンプルで、必要なものもスクリプトのある英語音源のみで

誰でも今日にでも始められるトレーニング方法です!

私はもうかれこれ4年もシャドーイングを続けていますが

そのおかげもあって、TOEICは900点以上、海外勤務もこなしてます!



 

シャドーイングのやり方

シャドーイング自体は音源の後について聞こえた音を口に出す

シンプルなトレーニングですが、効率的に効果を得るには

4ステップに分けるやり方がオススメです!

素材の長さにもよりますが、1分程度のもので1セット30分くらいで完了です。

これを出来るだけ毎日続けていくことで、加速度的に英語力がアップします!

 

Step.1:音源を聴く

まずは素材の音源をスクリプト無しで聴きます。

初見の素材で音だけを頼りにどの程度聞き取れるかをチェックしましょう。

回数は5回程度が目安です。

 

音源は好きなもので良いのですが、

最低限何の話をしているか分かるくらいのレベルのものが良いでしょう。

長さははじめは1分以内程度のものが良いと思います。

あまり長すぎると今後の練習が大変になり、継続しにくくなってしまいます。

 

Step.2:スクリプトを見て内容を理解する

次は音声とスクリプトを照らし合わせて、

聞き取れなかった部分は何と言っていたのかをチェックします。

また、知らなかった単語や表現もこのタイミングで確認していきます。

次以降のステップの下準備です!

 

Step.3:オーバーラッピング

スクリプトを読みながら音源に合わせて音読します。

まずは細かいところは気にせず、音源についていくことに集中しましょう。

5回程度行えばOKです。

 

Step.4:シャドーイング

いよいよシャドーイングです!

スクリプトは見ずに音源を聴きながら、それを少し遅れて読み上げて行きます。

1秒遅れで聞こえてきた音声をそのまま再現していくイメージです!

納得いくまで続けても良いのですが、ダレてしまうので15回くらいが目安。

 

このようにステップを踏んで毎日トレーニングすることで

・リスニング力

・語彙力

・発音

・スピーキング力

がブリブリ向上していきます!



 

シャドーイングの効果を最大化させるコツ

さて、シャドーイングの方法を解説しましたが、

シャドーイングはただやるだけでは、最大限の効果を得られません!

特に、発音、リスニング力を上げたい人は、ただダラダラやっても意味がありません。

 

私がTOEIC900点以上海外勤務でも通用するくらいに英語が成長したのは

いくつかのポイントを押さえてシャドーイングをしていたからなのですが、

そのポイントをご説明します!

 

自分のシャドーイングを録音して聞く

もしかしたら、もうすでにご存知だったかもしれません。

でも、実際にこれを継続してやっている人は少ないのではないでしょうか?

録音して聞き直すって、面倒くさいし、やりたくないんですよね。

でも、本当に効果が絶大で、絶対にやった方がよい方法です!

 

ポイントは、シャドーイング音源の音は入れずに、自分の声だけを録音することです。

例えば、音源を再生している機器にイヤホンを付けて、スマホで録音すれば可能です!

 

この方法で、自分の発音や話し方の弱点に気付くことが出来ます!

そして、発音や話し方が改善されると、さらにリスニングが改善されるんです。

なぜなら、人は自分が発音出来る音しか認識出来ないからです。

 

口を大げさに動かす

英語を綺麗に発音するためには、口周りの筋肉がネイティブのように動かないと無理です。

英語を話すための筋肉と日本語を話すための筋肉は異なります。

ネイティブが話をしている映像を見ると分かりますが、

日本語話者と比べて、英語話者は口を大きく動かして話をします。

よって、日本語と同じ感覚で口を動かすと、動きが不十分でしっかり発音出来ないのです。

口を大きく動かしてみましょう!

これにより、発音が身に付くばかりか、単語やフレーズを口の筋肉で覚えることが出来るため、

実際の会話の場面でもパっと使うことが出来ます!

 

シャドーイング指導を受けてみる

これはお金がかかってしまいますが、私個人としては一番オススメです!

ここまで解説してきた通り、シャドーイングの効果を最大限得るには

発音の部分がキモになるのですが、発音は自分ではなかなか改善しにくいスキルです。

 

世の中にはシャドーイングの添削やコーチングを行っているスクールやサービスがあるので、

それらを使ってみるのもオススメです!

 

私はいくつかのスクールを使ってきましたが、

クオリティを重視する場合は 英語ジムらいおんとひよこ

コスパを重視する場合は シャドテン

がオススメです!

 

らいおんとひよこは課題音声を1週間シャドーイングでやり込んで、

録音した音声を送信、それを元にSkypeを使ったレッスンで

一語一句丁寧にフィードバックをもらえます。

毎回のレッスンで発音のポイントも学ぶことが出来て、確実にレベルアップできます。

本当にオススメ出来ますが、お高い点がネックです。

2か月で50,000~70,000円くらいかかります。

 

シャドテンは毎日専用アプリでシャドーイングを録音した音声を提出、

24時間以内にアプリにフィードバックが届きます。

1回でもらえる指摘は2~3個ですが、毎日やることで月90もの弱点を潰していけます。

フィードバックの濃さは「らいおんとひよこ」の方が上ですが、

価格が月22,000円くらいでリーズナブルにプロの添削が受けられます!

別記事で体験談をまとめているので、興味ありましたら読んでみて下さい!

関連記事

シャドーイングという英語の学習方法を知っていますか? 英語の音源さえあれば、だれでもできる手軽なトレーニング方法でありながら、 英語音声知覚の自動化、発音向上、語彙やフレーズ強化、リスニング力向上などを目指せる方法です。 […]

 

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

今回はシャドーイングについて、ご紹介しました!

ぜひ英語学習に取り入れてみてください!

 

簡単に始められるのに効果絶大!
ぜひぜひ試してみてください!!!