title

英語の音読やシャドーイングに使える防音・消音 対策方法!

英語の習得には音読やシャドーイングが有効なことは有名ですが、いざ自宅で練習しようとしたとき、周りへの音漏れが気になりますよね。アパートの隣の部屋に聞こえていないか気になるし、家族に英語でしゃべっているのを聞かれたら恥ずかしいし。。。そんな悩みを解決する方法をシェアします!

 

管理人
英語は声に出すのって勇気がいりますよね。
下手な英語を聞かれたくない!でも下手だから練習したい!
私も家族に音読やシャードイングを聞かれたくない一心で色々試しました。。。
この記事では英語勉強の環境を整えるための防音対策を2つ紹介します!
英語は口を動かして初めて身に付くもの。声を出しながら学習できる環境を整えましょう!

防音対策1:防音マイク!

対策その1は防音マイクです。
家で歌を練習する人のための商品で口もとに付けるカバーのような製品です。
上の画像のようなイメージですね。
正直、もろもろ考慮するとこれが一番現実的です。

 

ニンテンドースイッチのカラオケゲーム用に
スイッチのマイク用のカバーなんかも売られている
割と歌用ではメジャーな商品ですね。
これを英語の音読やシャドーイングで使うというわけです。

 

お値段は2,500円くらいのものから
高いものでは10,000円を超えるものもあります。

 

私は色々調べた結果、こちらのウタエットという製品を選びました!

 

 

ウタエットを使うと音圧を70%に、
音の大きさは79dbが68dbに低減されます。
(公式サイトより)

 

と言われてもイマイチ良く分かりませんが
メーカーのYouTubeページに効果を示す動画がありました!

 

管理人
クソでかい声で「どんぐりころころ」歌ってるけど
ウタエットで声が小さくなってますね

 

実際、全力で歌うくらい声を張り上げると
割と音漏れはします。。
ですが、英語の音読やシャドーイング目的なら
問題無い防音性能ですよ!
部屋の外の家族に気付かれません。

 

Amazonのレビューにもこんな口コミが。

kuchikomi

あと、他の防音マイクと違って
自分の声を聴く機能が付いているのも良いです!
シリーズも色々出ているのですが、
英語の音読用ならスタンダードなものがオススメです。

 

ウタエット ミニは価格が安いのですが、
サイズがちょっと小さいので口を大きく動かして
発音練習したいなら大きめのスタンダード版が良いかと。

 

プロイデア (PROIDEA)

 

Amazonはブルー&ホワイトの限定カラーがあります。
私は緑派ですが。

 

防音性能 3.5
お手軽度 5.0
コスト 4.0
オススメ度 4.5

 

防音対策2:お手軽防音室!

部屋を完全に防音にしてしまえば万全!
ではありますケド、英語の音読練習のために、
いくら何でもやりすぎでしょ。。。

 

と、色々探していて見つけたのが
工事不要の一人用防音室です!
まあ、これでも英語の音読という目的からは
やりすぎ感は否めませんよね。

 

と言いつつ、
私は途中まで結構本格的に検討してました。
というのも、趣味で楽器を弾くので
一石二鳥なんじゃないの?と思ったからです。

 

中にはこんな感じの段ボール防音室もあります。
その名も「だんぼっち」(笑)

 

 

結局コスト面と自室にクーラーが無いので
夏場暑くて無理そうなのと、
お値段が80,000円~と結構するので
最終的には私は断念しました。

 

もし、ライフスタイルに合うなら
これも一つの選択かと思います!
管理人
家がもっと広くてエアコンがあれば欲しかったです。。。
秘密基地みたいで良いですよね(笑)
防音性能 4.0
お手軽度 2.5
コスト 2.0
オススメ度 3.0

 

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます!
今回は家で出来る音読・シャドーイング用の防音対策をご紹介しました!
どちらも私は結構情報を調べたのですが、
結局総合的にみて、効果・コスト・お手軽さのバランスが良いな、
という結論に至りこれで対策しています!ぜひ試しみて下さい!

 

プロイデア (PROIDEA)

 
 

シャドーイング関連記事はこちら
シャドーイングは正しく出来ているのか自分では分かりにくいですよね。
プロの添削を受けると効果が各段に上がるので、
興味ある方はこちらの記事もご覧ください!
関連記事

シャドーイングという英語の学習方法を知っていますか? 英語の音源さえあれば、だれでもできる手軽なトレーニング方法でありながら、 英語音声知覚の自動化、発音向上、語彙やフレーズ強化、リスニング力向上などを目指せる方法です。 […]