イギリス英語の発音本おすすめ5選【2021年版】

今回の記事ではイギリス英語の発音矯正スクールを始め、

数々の発音スクールでレッスンを受け、

アメリカ、ヨーロッパに在住し英語を仕事で使ってきた管理人が

イギリス英語発音の本をニーズ別でご紹介します!

管理人
発音はスピーキング、リスニングへの影響が大きいので
出来るだけ早いうちに勉強することをオススメします!
・イギリス英語の発音の基礎を身に付けたい人
・イギリス英語のリズム、イントネーションを身に付けたい人

・イギリス英語のリスニング力を上げたい人

総合的にイギリス英語発音を一通り学びたい方向け

さて、本記事ではこれから5冊の本をご紹介しますが、
「結局どの本が一番おすすめなんだよ??」
「そんなに紹介されても覚えられないよ」
という方はこれからご紹介する「イギリス英語発音教本」をオススメします。

 

理由は、後程ご紹介する本
「イギリス英語でしゃべりたい」「もっとイギリス英語でしゃべりたい」
の総集編のような書籍となっているからです。

 

ただ、個々の要素をより深く学びたい方や、アメリカ英語との比較音声が欲しい方、
イギリス英語の中でも各地方の話し方の違いなども気になる方は
「イギリス英語でしゃべりたい」シリーズをオススメします!

 

イギリス英語発音教本

イギリス英語の発音に特化した、英語学習本の中ではマニアックな部類の本です。

この本では、母音、子音と言った音の出し方を

口の形、力の入れ方といった細かな要素の解説を踏まえて具体的に学ぶことが出来ます。

 

練習材料も豊富で、口の動かし方をしっかり練習することが出来たり、

LとRの発音分けといった日本人が苦手とする部分の解説も詳しい点もポイントです!

また、例文についても実際の会話で使われる表現をベースにしていることから、

実用的なフレーズも身につきます!

 

管理人

発音を理論から学べるので、法則や音の出し方を理解したうえで実践することが出来るようになり発音が変わってきますよ!

 

個々の音・基本を身に付けたい方

発音とひとくちに言っても、身に付けるべきことは
母音、子音の正確な発音に加えて、リズム・イントネーションと幅広いものです。
ただ、一気にやろうとしても当然無理なので、一つ一つ練習していく必要があります。
発音の勉強にあたって、まず最初にやるべきことは母音・子音を正確に発音出来るようになることです。
そこで、まずオススメしたい本がこちら。

イギリス英語でしゃべりたい! UK発音パーフェクトガイド

本サイトでは度々オススメしている本なのですが、
母音・子音の一つ一つの音の発音について、この一冊で一通り学ぶことが出来ます
特にオススメ出来る点は、本のボリュームがそれほど多くないということ。

 

英語発音本はものによっては、
一つの音に対して物凄い量の練習素材が付いている本もありますが
こちらは、非常にコンパクトで最低限に留めている印象です。
一番初めに出てくるAの発音練習で続けられずに終わってしまった、、、
なんてこともこの本なら無いのではないでしょうか?
(もちろん本人の努力次第ですが)

 

発音はスポーツのように体で覚える類の能力です。
同じ練習を繰り返して身に付けることが重要なので、
コンパクトにまとまっていることで、挫折することなく、
全ての音を練習できる点が非常に素晴らしい本です!

 

なお、本の最終章ではリズム・イントネーションについても触れているので
この点についても簡単に学ぶことが出来る点もポイントが高い本になります!

 

リズム・イントネーションを身に付けたい方

個別の音が身についてきたら、次はリズム・イントネーションです。

まず、とっかかりとしてオススメなのがこちら

もっとイギリス英語でしゃべりたい! UKイントネーションパーフェクトガイド

この本は先ほどご紹介した

「イギリス英語でしゃべりたい! UK発音パーフェクトガイド」

のシリーズ本になります。

私が愛用している教材の一つです!

 

こちらは、イギリス英語特有のイントネーションを練習できる本です。

語尾の上げ下げであったり、抑揚の付け方、強弱など、細かいニュアンスを学ぶことで

話し方をイギリス英語に矯正していくことができます!

 

また、スクリプトの字の大きさ、矢印、太さなどで

ビジュアル的にリズム・イントネーションを表してくれているので、

聞き取りに自信のない人も安心です!

管理人
とても分かり易くて大好きな本です!

 

こちらは本の写真になりますが、このように強く読む、弱く読む、長く読む、といった

ニュアンスが目で見て分かるように工夫されています!

example

出てくるスクリプトは天気予報、ラジオ、交通情報などバリエーション豊かで
TOEICのリスニング練習にも使えそうです!
これで何度も練習すれば、
耳で聞くだけでイントネーションパターンが理解出来るようになっていきます。

 

 

イギリス英語で音読したい!: UK音読パーフェクトガイド

2020年10月に発売されたこのシリーズの最新作です!

 

管理人
シリーズ3作目ということで、このシリーズの人気具合が分かりますね。

 

こちらの本では、先ほどの「もっとイギリス英語でしゃべりたい!」で学んだ内容を使って
「マザー・グース」、「不思議の国のアリス」、「ピーター・ラビット」、
「シャーロック・ホームズ」といった名作を音読することで、
イギリス英語をさらに体に覚えさせていくことが出来ます!

 

音読の重要性を説明したり、実際に音読練習ができる書籍はたくさんありますが
この本のように、細かいニュアンスやリズム・イントネーションを
詳細に解説している本はとても珍しいと思います。

 

このような細かい点を意識しないで読んでいても、
「なんかネイティブの英語と違うんだよなぁ」
といったモヤモヤが晴れないのではないでしょうか??

 

スクリプトは先ほどと同じように、
ビジュアル的にリズム・イントネーションを表してくれているので
音読するときに目安になり、とても練習しやすい作りになっています!
こちらの本はAmazonの商品写真で中身を少し見ることができるので、
ぜひ確認してみて下さい!

 

管理人
私はシャーロックホームズが好きなので
みっちり練習してマスターします!

 

イギリス発音を追求したい方向け

最後に、とても骨太な本を一冊ご紹介します。

こちらはかなり細かいニュアンスまでトコトン練習する本になりますので、

時間をかけてじっくりイギリス英語を極めて行きたい、そんな方向けの本です。

ファンダメンタル音声学 (Fundamentals of English Phonetics)

こちらの本は、一つ一つの母音、子音、クラスター、など本当に色々な要素を

とことん練習して身に付けることが出来るように構成されています。

 

この本は、ネイティブのPの発音とノンネイティブのPの発音の細かい違いなど、

本当に詳細に個々の発音記号について解説がされています。

良い発音の例、ダメな発音の例も細かく音源付きで載っていて、

自分の発音のどこを直せば良いのかが分かりやすいと思います。

イントネーションについても学べますよ!

 

 

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます!

今回の記事では、イギリス英語の発音を身に付けるためにオススメの本をご紹介しました。

ぜひ、気になる本を使ってイギリス発音を手に入れてください!

 

また、イギリス発音関連では以下の記事もオススメです!

本は同じ本を紹介していたりしますが、

練習方法や格安でイギリス発音を学べるオンラインスクール情報もありますので、

ご興味ある方は、ぜひ読んでみて下さい!

関連記事

きれいなイギリス英語を話したい!とブリティッシュアクセントを勉強しようとしている方へ。同じ思いでイギリス発音を学習してきた私が、効果的な学習ステップ、今まで効果があった練習方法や、使った教材&スクールを無料~有料までご紹介します!発音を学べ[…]

title